不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

_Army_b今日紹介するのは定番中の定番、M1911A1だ。この拳銃は1911年にM1911が正式採用されたのち、細部に改良が加えられてM1911A1となった。100年以上経た今日においてもほとんど改良されることなく、軍、民間において多く使用されている。さらにこの銃は以降の多くの銃に影響を与えた。ジョンブローニングの設計がどれだけ優秀だったのかが判る。今回は多くのバリエーションの中からオリジナルのM1911、M1911A1について見てみたい。(画像はwikipediaより転載)

M1911は、ジョン・M・ブローニングの設計に基づき、アメリカ合衆国のコルト社が開発した軍用自動拳銃である。1911年の正式採用から1985年までの間、アメリカ軍の制式拳銃として第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、そしてベトナム戦争で用いられた。
広く知られた通称である「コルト・ガバメント(Colt Government)」は、民間モデルが「ガバメント・モデル(官給型)」という名称で発売されたことに由来する。兵士の間では「ハンド・キャノン」の愛称で呼ばれた。

概要

1911年3月29日にアメリカ軍に制式採用され、軍用拳銃としての制式名称「M1911」、のちに1926年に改良が加えられたものは「M1911A1」と名付けられた。1985年にベレッタM92Fが制式採用されるまで、実に70年以上にわたってアメリカ軍の制式拳銃であった。その後も一部の特殊部隊では改良を加えたM1911を使用している。
戦時中にはコルト社以外にも様々なメーカーが軍に納入する為のM1911を製造し、細部や刻印が異なるバリエーションが数多く存在する。例えば軍用M1911のグリップの材質は、製造メーカーや製造時期によってベークライト製のものやウォールナット製のものなどがある。
軍からの「1発でも、敵の動きを止められるだけの威力がほしい」という要望に基づき、ジョン・M・ブローニングが考案した、.45ACP(.45Auto Colt Pistol)という大口径弾を使用するM1911は、そのストッピング・パワーの高さから信頼された。軍用のM1911およびM1911A1の口径は.45ACP、装弾数はシングル・カラム・マガジンによる7+1発であるが、その後の民間でのバリエーション展開によって9mmパラベラムや.40S&W弾など各種の弾薬に対応したバージョンが生まれた。競技用にはパワフルかつフラットな弾道の.38スーパーの人気が高い。
現代の自動拳銃に広く用いられるティルトバレル式ショートリコイル機構(発砲でスライドが後退する際に銃身パイプも僅かに上を向く。右の写真参照。水平になっていない)の元祖であり、20世紀における世界各国の自動拳銃開発に対し、非常に大きな影響を与えた。
誕生以来大半のパーツのほとんど設計が変わっていないため、非常に豊富なカスタムパーツが存在し、使用者の好みに合わせてカスタムしやすい銃である。現在もM1911を称する拳銃を多数のメーカーやカスタムショップが製造しており、そのバリエーションは把握できないほど増え続けている。同様にグリップも様々なものが作られており、ラバー製やアルミ製、中には象牙などの高価な素材で作られたものまで販売されており、専門のコレクターまで存在している。
大きな特徴として、握ったときの親指と人差し指の間の部分に安全装置(グリップセーフティ)があり、それをしっかり握らないと撃てない仕組みになっている。カスタム品の中にはあえてグリップセーフティをオミットしたものも存在する。

開発経緯

19世紀当時、アメリカ軍では.38口径の回転式拳銃を使用していた。しかし、1898年の米西戦争中にフィリピンで起きた先住民モロ族との衝突の折、蛮刀を振るって突進し森林戦をしかけてくる先住民に対し、.38ロングコルト弾では十分な殺傷力を持たないことが判明した。アメリカ軍はこの戦訓から、拳銃弾でも一発で相手を行動不能にできる「ストッピング・パワーの高い弾丸」として、より大型の.45口径弾を採用することを考え、これと同時にリボルバーより素早い連射が可能となる自動拳銃が求められるようになった。
同じ頃、アメリカ人銃器設計者のジョン・M・ブローニングが自動拳銃の開発に成功する。この銃はコルト社により.38口径の「M1900」として市販化され、いくつかの派生型が生産された。可動バレルとバレル全長を覆う重いスライドで反動に対処するブローニング式のショートリコイル機構は完成度の高いシステムであり、以後自動拳銃の決定的なシステムとして枚挙に暇のないほどの追従モデルを生んだ。また、リボルバー用.45口径弾を短縮・リムレス化した設計の.45ACP弾が開発されたことで、大口径の自動拳銃が現実のものとなった。
1905年、M1900シリーズをベースとし.45ACP弾を用いる大型拳銃「M1905」が開発された。そして、これに改良を加えた「M1911」が1911年にアメリカ軍で制式採用された。
(wikipediaより転載)


 M1911とM1911A1の違いは、トリガー形状、トリガー付近のフレームの形状の変更。さらにハンマースプリングハウジングの形状を手に合うように丸みを帯びた形状に変更されたこと。表面処理がパーカーライズド仕上に変わったことぐらいだろうか。本体ではないが、グリップも木製からプラに変更されている。それ以外の基本的な構造等は変更されていないはずである。それではまたyoutube動画を観てみよう。

ちょっと長いけど1911もある動画。


A1分解。


1911分解。


ホルスターまで・・・好きですなあ。


1911とA1.


A1分解。


daijiroさんの動画。日本語で解説。シリーズ70.


オープニング映像はこだわり。


バラバラ分解。



 以上、実銃の動画を観てみたが、やはりM1911のものは少なかった。約15年間しか生産されず、生産数も現存数も少ないからだろう。wikipediaには書いていないが、A1も1945年までしか製造されていない。ただしこちらは第二次世界大戦のため大量に生産されたようである。因みに初期のMEUピストルを作るのに使用した1911A1のフレームも当然1945年以前の代物である。日本ではガバメントと言うが、アメリカでは1911(ナインティーンイレブン)と呼ぶのが普通だ。


 何せ一番有名な銃だから、トイガンでは把握しきれない程多くのメーカーが生産している。このうち、私の主観から選んだWA、東京マルイの銃の動画を観てみたい。

実銃の動画を観るとスライドがちょっとのっぺりしているのが分る。


マルイとWAの比較。シリーズ70だけどおもしろい。


本物かと思った。



 続いて東京マルイ。

副隊長直々の紹介。後ろの美少女達に注目。


分解〜。


カメラが横倒し。


撃つ。



 ということだ。何故WAと東京マルイなのかというと、東京マルイは実射性能がトップ。WAは表面仕上げがトップだからだ。サバゲ等撃って遊ぶのを重視する場合は東京マルイの銃を買うのがおすすめ。私も持っていたが、箱出しの状態でも弾は真っ直ぐ飛んでいく。その命中精度の高さは驚きでしかない。これに対してWAはエンジン自体は古く、性能もマルイ、KSC程ではないが、とにかく外観が非常に素晴らしい。実物を見れば分るが、ほとんど本物だ。WAの店員と話したところ、「自分たちは今でもモデルガンメーカーのつもりだ」という職人魂丸出しの言葉を言われてしまった。どちらも(それ以外のメーカーも)、ポリシーを持って頑張っているようだ。

GM5の記事はこちら


ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。

世界銃器図鑑リンク集




トラックバック