不定期更新です。 更新は気分次第でーす(^_-)

300px-S&W_686_flickr_szuppo 今日は、S&W版パイソン、M586について書いてみよう。M586は通称、「distinguished conbatmagnum」と呼ばれている。distinguishとは、区別された、特徴のあるという意味。要するに特徴のあるM19ということかな。M586は実銃もベストセラーであり、モデルガン、ガスガンともに日本でも多くのメーカーがモデルアップしている。今日もまたwikipediaの記事を見てみよう。(画像はwikipediaより転載)


性能
口径 .357/.38(約9mm)
銃身長 2.5インチ
3インチ
4インチ
6インチ
ライフリング 6条/右回り
使用弾薬 .357マグナム弾
.38スペシャル弾
装弾数 6発
7発(Plusモデル)
作動方式 シングルアクション/ダブルアクション
全長 244(4インチモデル)
303mm(6インチモデル)
重量 1134(4インチモデル)
1247g(6インチモデル)
有効射程 約25m

S&W M686は、アメリカの銃器メーカースミス&ウェッソン社が1980年に開発した回転式拳銃である。このM686のスチールモデルを「M586」という。
M686とM586は「ディスティングイッシュド・コンバットマグナム」という愛称があるのだが、この名称は長すぎるためか、あまり有名ではない。また、シリンダーに強化ステンレスを使用することによってM686の装弾数を7発に増やしたM686Plus、通称「マグナム・プラス」も存在する。

開発
M19は.357マグナム弾を使用する拳銃でありながら、Kフレームの採用により、サイズがNフレームより小さく、軽量なため携行性に優れていた。しかし、Kフレームは元々は.38スペシャル用のフレームであるため耐久性に問題があり、.357マグナム弾を多用すると歪みや破損などを起こすことがあった。
M27/M28のようにNフレームを採用したモデルならば耐久性に問題はなかったが、Nフレームはマグナム弾で壊れないことを重視したこともあってサイズが大型であり、しかも重く携行性が良いとは言えなかった。
そこでS&W社は、Kフレームより大きく、かつNフレームよりは小さい“Lフレーム”を新規開発した。このLフレームを採用したことによって、携行性と耐久性を両立したのがM686(とM586)である。

特徴
S&W M586(4インチモデル)
7発にカスタマイズしたもの。
M686はステンレス製、M586はスチール製である。ただし、現在も生産されているのはM686のみである。
外見に関しては、M19の競合製品であったコルト・パイソンによく似たエジェクターロッドハウジングを持ち、全体的にはM19よりもパイソンに近いデザインとなっている。
(wikipediaより転載)


 ということのようだ。wikipediaにも書いてあるが、M586が開発される以前、世間にはスマイソン(またはスモルト)と呼ばれる拳銃が存在した。これは構造が優れているM19と銃身の精度が良いパイソンの良いとこ取りをしようとM19のフレームにパイソンのバレルを取り付けるというかなり思い切ったカスタムであった。しかしこれは意外と性能が良かったのだ。恐らくこれに目を付けたS&Wが357マグナムに対しては脆弱でったKフレームを強化し、スマイソンのようにバレルウエイトを付けたのだろう(私の勝手な想像)。そして1980年に発売されたM586はかなり評判が良く結構売れたようだ。なんせ欠点という欠点は見当たらないからね。前々回のオートマグと真逆だ。ということでまたyoutube動画を観てみよう。

4インチ。パックマイヤーのラバーグリップ付


迷彩服を着ているが軍人ではなさそう。


妙に射撃がうまい。


M686。ホーグのラバーグリップ付。


7発タイプ。



 やはり実銃は迫力が違う。表面処理、ステンレスの質感もトイガンとは全く違うなあ。このM586はトイガンでは数社から発売されているガスガンではマルシン、クラウン、コクサイ。モデルガンではMGC、マルシン、コクサイがある(全然数多くのメーカーではなかった)。クラウンには全然興味ないので、とりあえずマルシンのガスガンから見てみよう。


M686。Xカートリッジではない。


Xカートリッジモデル。



 意外に動画が少なかった。私が思っているより人気が無いようだ。まあ、ガスガンは3社からしか発売されていないからこんなこともあるだろう。マルシン製のガスガンは80年代後半に一度モデルアップされ、近年Xカートリッジ仕様で再度モデルアップされている。モデルガンをベースにしているだけあって外観の完成度は高い。パワーも比較的ある。命中精度はリボルバーの宿命であまり良くは無いだろう。ということで今度はモデルガンの動画を観てみたい。まずはMGCから。

3インチ。発火もしている。


すごく短い動画。



 動画が2本しかなかった。続いてマルシンのM586


キットモデル。



 一本だけあったコクサイM586動画


フルサイズカートになる前のモデル。カートは刻印が無いタイプ。



 という感じでM586についての記事でした。しかし意外にyoutube上の動画が少ないということ。さすがに1980年に発売されたモデルで最近あまり人気が無いリボルバーとなると購入者も少ないのかもしれない。しかし『深夜プラス1』のハーヴェイ・ロヴェルじゃないが、同じ威力の弾丸を使用する場合、リボルバーの方が小型になる。さらに装填不良も少ない(といっても今のオートで装填不良はあまりない)という利点がある。そしてカッコいいので私は好きだ。


ミリタリー(模型・プラモデル) ブログランキングへ
↑良かったらクリックして下さい。

世界銃器図鑑リンク集





トラックバック