109_0903

 

 んで、デジカメ復活第一弾の記事は、ずっとアップしたかったマルゼンM4506!・・・ん?何故いまさらこんな古いものを?・・・とお考えのみなさん。アップした画像を見てくだされ!(デジカメ効果!)正直、20年前のものとは思えない品質の高さ!・・・でしょ?

 

109_0902

 

 この銃はマルゼンが恐らく1989年に発売したガスガン。私の記憶ではこの銃で今まで二流メーカーだったマルゼンが一流メーカーと認められるようになった記念碑的な銃(少なくとも私の中では)。当時はまだバブル景気でトイガンメーカーも製品に金をかけていた(と思う)。値段が12000円だったと思うな。

 

109_0901

 

 確か、MGCのM645の後に発売されたものだと思う。実銃はS&Wのオートマチック、製品ナンバーが4桁のいわゆる「サードジェネレーション」と言われるシリーズ。因みに2桁(M39、M59)がファーストジェネレーション、3桁(M645、M745等)がセカンドジェネレーション。昔の人気ドラマ『マイアミバイス』で主人公がブレンテン、M645に次いで使っていたというがよく知らん。他の人のブログを参照。

 

109_0904

 

 んで、マルゼンのM4506レビュー。トイガンでM4506をモデルアップしているのはマルゼンのみなので固定スライドでも貴重なモデル!プレミアが付きなんと!6000円・・・(全然人気無い)・・・とっとにかく購入したのだ。

 

109_0908

 

 何より注目してもらいたいのがこのメッキの美しさ。ヘアラインもしっかり入っているし・・・パーティングラインまでしっかり入っている!・・・まあ、これはご愛嬌。

 

DSC_0489

 

やっぱりS&Wのオートマチックはいいねぇ。。。

 

M4506

 

 実際、大げさだけど実物と見間違う位きれいなメッキだよ。ワンピースグリップのグリッピングは手にぴったり吸い付くし、実物の完成度の高さが窺える訳だ。

 

DSC_0490

 

 何より、私がこの銃を一番すごいと思うのはその命中精度だ。私が測定した結果、5mで16発撃った結果、何と3cmに集中!20発で7cm(私の集中力が切れた)。今のガスガンに引けをとらない命中精度。可動式インナーバレルでよくこの精度が出せたものだ。

 

109_0910

 

 トリガープルは非常に軽いが固定スライドのためにストロークはリボルバー並みに長い。パワーは測定できないけど、20年前のものだからかなり低いと思う。

 

109_0906

 

 私のは初期のものでノンホップ。まだS&Wのロゴがしっかり入っている。もちろん無許可だと思う(笑)。のんきな時代であった。例によってダメだしを少し。まず前述のパーティングラインが残ってしまっていること。これはメッキの良さと銃自体のデザインの正確さからするといかにも惜しい!トリガーのストロークが長すぎることは仕方ないとして、この銃は何故かマガジンを抜く時に生ガスが噴出する。

 

IMG_0913

 

 イメージとしてはマガジンキャッチを押すとガスの圧力でマガジンが射出される感じ。あと、マガジンの切断面が何も加工されていないので、マガジン挿入口のメッキが傷つくのが難点。

 とまあ、探せば欠点は出てくるが、メッキの美しさとモデリングの正確さ、命中精度の高さから考えると今でも充分に通用するモデル。コレクションとしては最高。トイガンとしてモデルアップされているのはこれだけなので店頭で見かけたら購入をおススメ!

 

【追記】2019年10月4日

 

 M4506のスムーズなトリガープルと脅威の命中精度は今でも覚えいてる。S&Wオートの中でも特に、M645、M4506はドラマ『特捜刑事マイアミバイス』の主人公ソニークロケット刑事が使用していたため人気がある。ガスガンとしては数社がモデルアップしているが、完成度が高いのはこのマルゼンのM4506とMGCのM645の2モデルだ。どちらも発売されたのが1990年前後の製品で、かなりの高品質だ。

 メッキも丁寧にかけられているし、パーティングラインもほぼ消されている。さらにピン類はステンレスを使用するという贅沢な仕様だ。そのような製品であるため、固定スライドガスガンではあるが、現在でも高値で取引されている。もしもリサイクルショップ等で安値で見かけたら購入しておくのがおススメ。

 

 


ミリタリーランキング