109_0985

 

 今回はコクサイの名作、ニューコルトパイソン旧タイプ。このモデルは確か80年代後半に発売されたモデル。前作コルトパイソンはリアリティーの面ではいまひとつだったこともあり、「リボルバーのコクサイ」が面子をかけて(本当か??(笑))リニューアルしたもの。

 

109_0982

 

 かくいう私は実は大のパイソンファン!一番好きな銃はコルトパイソンなのだ^^。パイソンのモデルガンは今はコクサイだけでなくタナカからも出しているが、当時はMGCとコクサイ位しかなかった。

 

109_0986

 

 MGCは発火性能は良かったがデザインがデフォルメされ過ぎていて私としてはいまひとつだった(といいつつ2丁持っていたが(笑))。

 

109_0993

 

 パイソンのイメージとしてはゴツイ銃というのが一般的なイメージらしく、MGCはそのゴツさを強調したデザインだった。しかし実際パイソンというのはもっと女性的で繊細なスタイルなのだ。そのスタイルを正確に再現したのはコクサイニューパイソンのみだった・・・。

 

109_0991

 

 この銃は新宿のアンクルがオープンした当初に買ったもので金額は7000円(2丁とも)だった。購入以来私の一番のお気に入りだったのだ^^。4インチ、6インチ共に木製グリップ付き、未発火のもの。

 

109_0989

 

 ただこのモデルの欠点としてはリアルな外観、内部機構であったため作動が悪かった。買った当初は作動するが少しするとシリンダーが回らなくなるという致命傷(笑)。リバウンドレバーが磨耗してしまうのだ。

 

109_0994

 

 最近のモデルでは改良されているのでリバウンドレバーのみ購入。グリップは実銃のフィンガーチャンネル付きローズウッドグリップを購入。カスタムと呼べるほどではないけど、リバウンドレバーを最新のものに付け替え、木製グリップを装着して保管してある。

 

109_0992

 

 現行モデルは金メッキになり金ぴかだが、旧タイプは金メッキではなかったので触っていると自然と落ちてしまいこのような地肌丸出しになってしまうのだ。ヤフオクではそれなりの高値で取引されているらしいが売る気はないのでスルー(笑)。

 

109_0995

 

 やはり持つとずっしりとした重量感は金属モデルならではのもの。観賞用としては最高のパイソンだと思うので中古で見かけた方は是非購入することをおススメします。

 

109_0990

 

【追記】

 

 この記事を書いたのち、このパイソンはヤフオクで売ってしまった。この記事を久しぶりに読んでちょっと惜しい気持ちになってしまった。現在では、内部構造まで含めてタナカ製のパイソンが最高品質だと思う。さらにマルイのパイソンもディフォルメはあるが、それなりにスタイルは良いと思う。

 しかし、このパイソンが発売された1980年代では、対抗馬としてはMGCのパイソンがある程度で作動重視のMGCと動かなくても外観や構造重視のコクサイでは、むろんリアリティはコクサイの圧勝であった。「動かない」というのは、無可動とかではなく、作動不良で動かないのだ。昔のモデルガンはこういうのは当たり前だった。今の人からしたら信じられないだろう。それを作動させるようにするのがファンの「腕」であった。今思うとふと懐かしくなる。。。

 


ミリタリーランキング