岩本徹三01
(画像はwikipediaより転載)

 

 岩本徹三少尉は、太平洋戦争の海軍戦闘機搭乗員で最も有名であるといっていい。大言壮語型の人間で腕は超一流、日中戦争から太平洋戦争をほぼ第一線で戦い抜き終戦を迎えた。総撃墜数は216機と自称しているというが、実際は80機ともいう。撃墜数は不明であるが超一流の搭乗員であることは間違いない。

 

岩本徹三の経歴

 

 大正5年樺太に生まれる。昭和9年6月呉海兵団に入団。昭和11年4月第34期操縦練習生として霞ヶ浦空に入隊。昭和11年12月第34期操縦練習生終了後佐伯空に配属。昭和12年7月大村空に配属される。昭和13年2月、第12航空隊に配属される。昭和16年4月瑞鳳乗組、10月瑞鶴乗組で太平洋戦争を迎える。真珠湾攻撃、インド洋作戦、珊瑚海海戦に参加する。どちらも上空直掩。昭和17年8月大村空で教員配置。昭和18年3月281空に配属。幌筵島で防備につく。

 11月281空派遣隊としてラバウルに進出。201空に編入された。12月204空に異動。昭和19年1月253空に異動。2月トラック島に後退。6月内地に帰還する。8月332空に異動、さらに9月252空戦闘316飛行隊に異動。10月には台湾沖航空戦に参加。11月戦闘311飛行隊、昭和20年3月には203空戦闘303飛行隊に異動する。6月教員配置で終戦を迎える。

 

岩本徹三という男

 

 岩本徹三は、日中戦争、太平洋戦争を通してトップエースの一人と言われている。著書の最後に撃墜数と撃墜した機種が克明に記されており、それによると総撃墜数は、太平洋戦争で202機、日中戦争で14機となっている。この撃墜数は、編隊の戦果とする見解もあり、実際は、80機前後と推定されているが(秦郁彦監修『日本海軍戦闘機隊』酣燈社 1975年)、この80機という数字もヘンリー境田氏が指摘するように根拠のある数字ではなく、研究者の想像に過ぎない(ヘンリー境田『日本海軍航空隊のエース』大日本絵画 2000年)。

 そして日中戦争の14機撃墜という数字についても異論が多いようだ(神立尚紀『零戦最後の証言』光人社 1999年)。岩本は緻密な計算の上で自身の戦法を編み出し、他人が非難を気にせずに実績を作り周囲を納得させるというタイプだったようで、ドッグファイトに参加せずに上空を遊弋し、傷付いた敵機を発見するや一撃撃墜して再び上空で傷付いた敵機を探すというような戦法や空戦が終わって帰る敵機を付け狙い油断しているところを撃墜する「送り狼」戦法など、「卑怯な」戦法を好んだ。

 これについては、撃墜王の西澤廣義が直接岩本に対して批判しているが、岩本は全く意に介さなかったという。この性格の強さは子供の頃からだったようで『零戦撃墜王』巻末にある岩本幸子氏による「亡夫岩本徹三の思い出」によると、岩本氏は、性格が強く、小学校時代にすでに先生をやり込めたりしていたようである。ラバウルでも無理を言う三階級上の上官を殴っている。これは特攻作戦が行われた時も同様で周りの搭乗員が特攻に反対できずにいる中、上官に対してハッキリと「否」と言ったという(角田和男『零戦特攻』朝日ソノラマ)。

 ただ、その分大風呂敷だったようで、ラバウル熾烈な航空戦を岩本と一緒に戦った小町定も大風呂敷だったことや撃墜数についても、暗に「編隊の戦果を混同しているのではないか?」というような事を言っている(川崎浹『ある零戦パイロットの軌跡』トランスビュー 2003年)。しかし口だけでなく、空戦の腕は相当であったらしく、岩本徹三の名は海軍航空隊では有名だったようだ(『蒼空の航跡―元ゼロ戦パイロットが語る空戦と特攻の記録 (光人社NF文庫)』)。持論は、「空戦は追尾攻撃ではなく、一撃航過で撃墜する」(安部正治「私が見た二人の撃墜王」『丸12月号別冊 撃墜王と空戦』1993年)というものでドッグファイトはしないで、一撃して離脱する戦法であった。

 戦争末期に岩本徹三と同じ部隊に所属した当時予備学生だった土方敏夫氏は、岩本を「自身のライフジャケットに「天下の浪人虎徹」と書き、田舎の爺さんのような格好をしているが、向かうところ敵なしで、たいてい撃墜して帰ってくる。」と評している(土方敏夫『海軍予備学生零戦空戦記』光人社 2004年)。当時若手搭乗員であった阿部三郎氏(海兵73期)もまた、「(空戦訓練は)何回やっても歯が立たなかった」と回述している(阿部三郎『藤田隊長と太平洋戦争』霞出版 1990年)。

 岩本氏は、気が強い反面、部下達にはやさしかったようで、若手搭乗員には人気があったようだ(瀧澤謙司「世紀の奇略“渡洋零戦隊”始末」『伝承零戦』三巻 1996年 ※初出は、月刊『丸』1984年12月号)。このように撃墜数の真為はともかく、日中戦争から終戦まで8年間をほぼ第一線で過ごし生き残った稀有な搭乗員である。

 

岩本徹三関連書籍

 

岩本徹三『零戦撃墜王』

岩本徹三 著
光人社NF文庫 2004/8/1

 太平洋戦争でもっとも撃墜数が多かったと言われる戦闘機パイロット。太平洋戦争開戦時は空母瑞鶴乗組で真珠湾攻撃時の空母上空直掩、珊瑚海、ラバウル、比島、本土防空戦とほとんどを第一線で過ごした稀有な搭乗員。10年のパイロット生活の飛行時間8000時間、撃墜数は自称で216機と言われている。実際に216機撃墜した可能性は非常に低いが超一流の技術を持った搭乗員であったことは間違いない。本書は戦後岩本徹三自身が執筆したものをのちに出版したもの。

 詳細な記録であるが、意図的なのか記憶違いなのか随所に誤りがあるが当時の戦闘機隊の空気を知るには絶好の書。数度にわたり新版が出版されているがそれぞれ付録の写真や名称などが違っている。

 

『歴史街道 岩本徹三と零戦』2009年8月号

- 著
PHP研究所; 月刊版 (2009/7/6)

この号の特集1は岩本徹三、特集2は立花道雪と高橋紹運である。特に岩本徹三の特集というのはあまりなく貴重。故に古本市場でも定価以上の価格で取引されているようだ。本書の白眉は元航空自衛隊パイロットの服部省吾氏による岩本徹三の空戦方法の解説である。実際の戦闘機のパイロットだっただけにさすがに詳しい。図も豊富に使われているので分かり易い。空戦物で頻出する「機体を滑らす」というのも図を入れて説明している。空戦記好きには必須の本。

 

梅本弘『海軍零戦隊撃墜戦記』03

 著者は日本と連合国の戦闘行動調書とそれぞれの国の戦記を丹念に調べ、調べるのがかなり困難な太平洋戦争中の空戦の実態を可能な限り克明に再現している。第3巻では、ラバウル航空戦の最終段階、昭和19年前後について書いている。この時期はラバウル航空戦に岩本徹三が参加しいてた時期であり、著者も岩本徹三に注目して執筆している部分がありファンにとってはうれしい。この時期の岩本徹三の撃墜数は本人曰く142機としているが、史料上は21機が確認できるのみであることやほとんど知られていないパイロット仲道渉飛曹長が実は10機以上を確実に撃墜していることが判明したりと新しい発見が多い。空戦記好きなら必須の本。

 

野村了介ほか『空戦に青春を賭けた男たち』

本書は月刊『丸』に掲載された戦闘機パイロットたちの手記を集めたもの。野村了介や柴田武雄という高級士官の手記もある。特にパイロットということで戦闘303飛行隊長であった岡本晴年少佐、母艦戦闘機隊のエース斎藤三朗少尉、その他あまり記録を残していない柴山積善氏等も執筆している。

 この中で注目なのが戦争末期に最強の零戦隊と言われた戦闘303飛行隊で活躍した安倍正治氏の手記だ。安倍氏は戦闘303飛行隊に長く所属し、海軍のトップエース西澤廣義、岩本徹三両氏と共に戦った人だ。本書の手記では、その二人について詳細に書いている。

 

阿部三郎『零戦隊長藤田怡与蔵の戦い』

海軍兵学校73期の阿部三郎氏の著作。阿部氏は戦争後半に実戦に参加したため戦闘経験は少ないが、末期の過酷な戦場を生き残っている。書名に著名な搭乗員、藤田怡与蔵少佐の名前があるが、中身は阿部氏自身についての記載が多い。阿部氏は戦争末期に戦闘303飛行隊にいたこともあり、トップエース岩本徹三についての記述がある。どうも岩本徹三に気に入られていたようで、いろいろ教えてもらったようだ。著者の経験も興味深いが岩本徹三の別の顔も見られて面白い。

 

以下の本もおススメ!

 

日本海軍戦闘機隊―付・エース列伝

伊沢 保穂 秦郁彦 著
酣燈社 改訂増補版 (1975)

 1975年初版の海軍のパイロット好きには必携の本。撃墜王、エースの一覧表、主要搭乗員の経歴、さらには航空隊史、航空戦史まで網羅している。2000年代に再販されているが、その際にエース列伝と航空隊史・航空戦史が分冊となってしまった。古くてもいいから1冊で読みたいという方にはこちらがおススメ。

 

ヘンリーサカイダ『日本海軍航空隊のエース1937‐1945』

 これも定番。ヘンリーサカイダは米国の戦史研究者。初版が1999年なので『日本海軍戦闘機隊』よりは新しい。同様にエース一覧表があるが、『日本海軍戦闘機隊』のものより精緻で、今まで知られていなかったエースの名前も見える。当時の搭乗員に直接インタビューもしてたり、独自取材もしている。大原亮治飛曹長のことを「ラバウルの殺し屋」と書いて抗議されたのも本書だったはず。航空機のカラー絵も多い。

野原茂『日本陸海軍機英雄列伝』

 1994年に出版された『海軍航空英雄列伝』『陸軍航空英雄列伝』が元になっている。基本的に表彰された搭乗員が掲載されている。多くを『日本海軍戦闘機隊』に拠っているが、水上機のエース河村一郎、甲木清美など独自に調査している。コラムにR方面部隊など、あまり知られていない航空隊のエピソードがあるのも貴重。模型愛好家のために航空機の塗装のカラー絵が多くある。

 以上、岩本徹三について経歴とおすすめ本を上げておいた。岩本徹三に関しての本はテキストリンクと上掲の本でかなり網羅できるはずだ。戦記物専門のライターやネットでの記事は上記の本を参考にしている場合がほとんどだ。ネットで調べて満足できなかった人は是非上掲の本を読んで見て欲しい。