ミニマム情報戦記

ブログタイトルは思い付きでちょいちょい変わります。 そろそろタイトルを変えたい。。。き・ぶ・ん!

2016年06月

 日本は災害大国だ。地震や津波、河川の氾濫、大雨による土砂崩れ。特に地震は他国に比べて圧倒的に多い。これは日本の地理上仕方のないことだ。災害が起こった場合、警察、消防、自衛隊が出動する。その他政府、自治体等、多くの組織が共同で災害支援を行わなければなら …
続きを読む

 亡命者の子弟で編成された最強の白兵戦部隊として有名なローゼンリッター連隊を紹介しよう。連隊というからにはおよそ1000名程度だろうか。田中芳樹は歴史を良く知っている。それも当たり前で田中芳樹は文学で学習院大学大学院博士課程を出ているのだ。専門は中国文学だ …
続きを読む

 待ちに待った登場で一時は品薄状態が続いたM4のバリエーションだ。東京マルイはバリエーション展開が今ひとつなのでこのM4CQB-Rの発表はうれしかった。M4シリーズは次世代電動ガンでそれなりにバリエーション展開されており、このCQB-Rもラインナップされている。   …
続きを読む
東京マルイ KSGショットガン

 東京マルイの新製品のチョイスは時々ビックリする。今回のKSGショットガンもそうだ。このKSGショットガンとはアメリカのケルテック社が開発したブルパップ式ショットガンだ。ブルパップ式の銃とは一時期流行ったが今はトンと見かけなくなってしまった。イギリス軍のL85 …
続きを読む

 今回の東京マルイの新製品は私はかなり注目している。面白い製品ばかりだ。その中で今日取り上げたいのはM40A5エアーコッキング式ライフルだ。東京マルイはボルトアクションライフル、VSR-10やL96を販売しており、ノウハウもあり、評判も上々だ。その東京マルイが数年の …
続きを読む

 357マグナムというのは世界最強の弾丸である。「この銃は357マグナム。世界で最も強力な拳銃だ」となる。まあ、1955年まではだ。もう44マグナム、50マグナム等を知っている私達からしてみると357マグナムというのは中途半端なマグナムという印象すらある。しかし長い間 …
続きを読む

 太平洋戦争に参加した戦艦の中で異彩を放つのがこの金剛型戦艦だろう。ネームシップ金剛は太平洋戦争に参加した唯一のイギリス製戦艦であり、皮肉にも最も活躍した戦艦であった。太平洋戦争に参加した戦艦には他に日本海海戦に参加した戦艦朝日もあるが、太平洋戦争時に …
続きを読む

 ファーストマクロスでダイダロスとプロメテウスってどっちが人気あるんだろう。私はダイダロスの方が人気がありそうな気がする。右手だし。。。ダイダロスは強襲揚陸艦という子供向けアニメにしては微妙な設定だ。プロメテウスより若干小さいという設定で、プロメテウス …
続きを読む

 子供の頃マクロスファンであり、現在でもファースト、ゼロのみ好きな私にとって大事な兵器を紹介するのを忘れていた。今日、紹介するのは統合軍が開発した超大型空母プロメテウスだ。私は純粋な水上艦艇だと思っていたらどうも違うらしい。何と半潜水航行性能を持つとい …
続きを読む

 現在の最も一般的なオートマチック用カートリッジとは何だろうか。もちろん45ACPと9mm弾である。45ACP弾は20世紀初頭に設計され、現在でも軍用を始め多くの場面で使用されている。同様に20世紀初頭に設計された9mm弾も広く使用されている。現在のオート用カートリッジは …
続きを読む

 ブルーイングの方法は知っているかな?ブルーイングとは金属を酸化させることでそれ以上の錆が出るのを防ぐための主に銃の表面処理で使用される方法だ。丹念に磨いたのちブルー液を使用してブルーイングをすると透き通るような黒ブルーになる。うまい人がやったブルーイ …
続きを読む

 私は最近、WAのデルタフォースカスタムを購入した。最近といってももう半年近く前だが、私の所有するガスガンの中では最新なのだ。このデルタフォースカスタム、あまりのカッコよさと1㎏を超える重量に惹かれて購入してみたが、どうもメタルグリップが重すぎてバランス …
続きを読む

 空中機動旅団。かっこいい響きだ。空中機動旅団とは空中機動部隊の旅団版。日本では第12旅団が空中機動旅団として活動している。旅団はともかく、空中機動部隊とは何だろうか。今日は、空中機動部隊についてみてみよう。  空中機動部隊として有名なのは映画『ハンバ …
続きを読む

 私の人生に最も大きな影響を与えたアメリカの刑事ドラマの一つである。内容はシリアスとは程遠いもので、黒人の署長に対してコーヒー豆と発言してみたり、現在では言の葉に乗せるのも憚られるような問題発言があふれている作品であった。もちろんオリジナルではそのよう …
続きを読む

 日本海軍の仮想敵国はアメリカだった。それに対して陸軍の仮想敵国はソビエトだった。これは軍隊の性質上当然のことであった。海軍は海からの攻撃を想定しなければならず、陸軍は陸伝いの攻撃を想定しなければならなかったからだ。結果的に二正面作戦になってしまうのだ …
続きを読む

 最近ふと思い出したのだが、その昔、1980年代後半はアメリカのドラマが日本でたくさん放映されていた。ナイトライダー、特攻野郎Aチーム、エアーウルフ、そして刑事ものとしては特捜刑事マイアミバイス、俺がハマーだ等、たくさんあった。私が少年時代であり、当然多感 …
続きを読む