ミニマム情報戦記

軍事レポートは軍事ニュースだけ。に移転しました。興味のある人は見てみてくださいね!

2015年10月

 これはグロック17で決まり。軽さ、扱いやすさ、フレームにプラスチックを採用したことで冷寒地での使用にも有利になった。装弾数が大型ダブルカラムの拳銃としては平均を上回る17発というのも心強い。平均は15発くらいだからね。しかしこれで終わってはつまらなない。他 …
続きを読む

 世界で一番人気のある拳銃とは何だろうか。そう、もちろんコルトM1911である。通称「ガバメント」。ガバメントという名称はコルトM1911が民間で発売された時に「官給品」という名称で発売されたのが定着したものだそうだ。日本では「ガバメント」と呼ぶのが一般的である …
続きを読む
米駆逐艦、中国人工島の12カイリ内を航行

 日本人にとっては突然の出来事だったと思う。26日にアメリカ海軍のイージス艦が中国が領海を主張する海域に侵入した。2〜3時間に亘って巡視活動を行ったようだ。もちろん巡視活動というのは建前で実際は中国の海洋進出に対するけん制であることは疑いない。  今回注 …
続きを読む

 シティーハンターはコルトパイソンの魅力を十二分に魅せたアニメだと思う。主人公、冴羽僚が使用するのがコルト社製357マグナムリボルバーパイソン4インチモデルだ。パイソンは1955年にコルト社から発売された。当時最強の弾丸である357マグナムを使用する拳銃だ。 性 …
続きを読む

 最近は最新鋭戦闘機について調べるのに夢中になっております。最新鋭戦闘機といってもあくまでも零戦と比べての最新鋭戦闘機なのでF-15等m入ってしまう訳です。今日はF-15についてちょっとみてみよう。F-15戦闘機は1972年、時あたかもベトナム戦争真っ盛りの時期で、そ …
続きを読む

 レミー島田を知っているかな。レミー島田とは宇宙を股にかけるゴーショーグンチームの紅一点。という設定だ。知らない人も多いと思うけど、その昔、『戦国魔人ゴーショーグン』というアニメがやっていた。内容は良く知らない。なぜなら私は見ていなかったからだ。でも結 …
続きを読む

 日本が誇る最新鋭戦闘機F-2というものがある。F-2は平成のゼロ戦と呼ばれて独特の海洋迷彩と共に人気が高い。私は今までこのF-2戦闘機の設計は日本が独自にやろうとしてアメリカからの横やりが入った結果、F-16戦闘機をベースに使用「せざる得なくなった」と認識してい …
続きを読む

 ワルサーP38って今どれくらい人気があるのだろう。昔はガバメント、ルガーP08、ワルサーP38はオートマチック拳銃の人気ベスト3だったと思う。ガバメントは相変わらず人気があるがその他の二つはどちらもあまり人気がないように思う。  ガスガンで発売しているメーカ …
続きを読む

 私の好きな組み合わせシリーズ。いつからシリーズになったのか知らないが私の頭の中のグッドな組み合わせの一つがコルトパイソン4インチとパックマイヤーグリップなのだ。パックマイヤーのパイソン用グリップと言っても私が知っている限り3種類ある。フィンガーチャンネ …
続きを読む

 最近というより昔から妙にチーフの二丁拳銃というものに憧れてしまう。きっかけは1979年くらいのGUN誌だったと思う。スタスキー&ハッチというドラマのモデルになった刑事の特集をやっていた。確かそうだったと思う。その刑事は二人組で一人はパイソンの6インチニッケル …
続きを読む

 最近、このブログ、トイガンについての記事が少なくなっていることに気が付いただろうか。これにはちゃんとした理由があるのだ。単刀直入に書くと要するに私が欲しい銃が全然ラインナップされない!のだ。  んで、ふと考えた。このブログは公開されているのでここにトイ …
続きを読む

 最近、私が以前から非常に興味を持っていたデルタフォースカスタムが再販されたので遠路遥々渋谷まで行ってきました。渋谷のスクランブル交差点の写真を撮っている外人を横目にひたすら宮益坂へ。昔から変わらないWA直営店の門を叩く。・・・というより勝手に入っていく …
続きを読む

 アメリカ政府はその存在を正式には認めていないが、アメリカ軍の中に超極秘部隊が存在する。その名は「デルタフォース」。正式には第1特殊部隊デルタ作戦分遣隊という。正式には認められていないのになぜ正式名称があるのかは疑問だが、今日はそのデルタフォースの知ら …
続きを読む

 最近、集団的自衛権を可能にする安全保障法案が成立した。法案の内容については各々好きに考えてもらうとして、私が最近気になっているのは日本が軍国化して行きいずれ徴兵制が施行されるという議論が行われていることだ。結論から書くと日本で徴兵制が施行されることは …
続きを読む

 野戦砲というのは戦略兵器だった。戦略兵器とはその兵器によって戦術だけでなく戦略まで影響を与えてしまう兵器のことだ。しかし野戦砲とは実は戦略兵器以上の意味があったと言われている。野戦砲(大砲)は登場した当時、個人で持つには高価過ぎ、かつ整備や運用に専門 …
続きを読む

 太平洋戦争は1945年8月15日に終わった。ん?・・・違うんだなぁー。太平洋戦争が正式に終了したのは9月2日、戦艦ミズーリ号での降伏調印だ。8月15日は戦闘を停止しただけだ。みんなよく勘違いをしているので改めて書いておこう。現に8月17日に占守島に上陸したソビエト …
続きを読む

 渡洋爆撃で活躍したのは海軍の九六陸攻だったのは有名な話。日本海軍航空機の特徴である軽量、高速、軽装甲という3点を兼ね備えた航空機だった。日中戦争では海軍の主力爆撃機として活躍したが、重慶攻撃のいわゆる渡洋爆撃では散々な目にあった。  そもそも渡洋爆撃 …
続きを読む

 自衛隊の問題で大きな問題は陸上自衛隊だと思う。自衛隊三軍中最大の人員を持ち自衛隊の中心的な印象がある。自衛隊といえば陸上自衛隊という発想は読者も持っている人が多いだろう。しかし、この陸上自衛隊って極端なことをいうと日本に必要なのだろうか。  ちょっ …
続きを読む
日本軍のトンデモ兵器? 風船爆弾

 風船爆弾。今でもたまにネタにされるこの兵器。日本軍が必死に作った和紙とこんにゃくで作ったお茶目な兵器で実際には2発程度しかアメリカに到達しなかった。トンデモ兵器の一つとして日本軍のポンコツ振りを良く表していると世間では思われている。(画像はwikipediaよ …
続きを読む

日本は地政学でいう海洋国家であり、アメリカを仮想敵国とする日本軍の守備範囲は広大であった。1898年、アメリカはハワイを併合し、同年、米西戦争によってグアム、フィリピン、ミッドウェー島等をスペインから手に入れると戦略上の観点から日本もサイパン、トラック諸島 …
続きを読む

 紫電のベースとして知られているのがこの水上戦闘機強風だ。水上戦闘機というのを正式採用して実戦投入したのはどうも日本だけらしい。世界で唯一、水上戦闘機として設計、生産され正式採用されたのが水上戦闘機強風である。製作したのは川西飛行機という水上機の専門メ …
続きを読む

 久しぶりに面白いものを発見してしまった。面白いと言ってもゲラゲラ笑えるものではないし、珍妙なものでもない。私は子供の頃からマクロスには目がないのだ。子供の頃、確かタカトクだったと思うけど、全長30㎝位のマクロスの超合金??を持っていた。  子供心にも …
続きを読む
食事の量と睡眠時間は関係があるようだ

 私はかなりのロングスリーパーなんです。一日平均して8時間くらいは寝ないと調子が悪い。6時間睡眠程度では疲れが取れないんです。以前は暇だったので8時間寝ても特に問題はなかったが、最近はそうもいかない。仕事が忙しくなってしまって家に帰るのが22時というのは結構 …
続きを読む

 この人の本はもう3冊目なんだよね。とある本で存在を知り、現場のインテリジェンスオフィサーが参考になったということで購入。最初の『悪の論理』は地政学の本で太平洋戦争から現在(1980年)までを地政学的に見たもの。まあまあ面白かった。ただ過去を振り返って「こ …
続きを読む

 地政学的には日本はガチ海洋国家だ。これ以上ないくらいの海洋国家なのだ。私はしばしば思うのだが、自衛隊の編成というのは海洋国家日本に必要なものになっているのだろうか。そう、私はなっていないと思う。まず、海洋国家としては海軍に力を入れなければならない。 …
続きを読む

世の中には面白い飛行機というものがある。航空機というのは木製布張りから始まった(と思う)が、エンジンの技術の発達によって全金属製の航空機が誕生した。その後現在に至るまで全金属製の航空機というのが主流を占めている。特に戦争という危険な環境で使用する航空 …
続きを読む

 海洋国家日本らしい珍妙な飛行機瑞雲。一応分類は水上偵察機となっているようだが、実際には水上爆撃機である。飛行艇時代なんて『紅の豚』の世界だけの話だと思っていたが、日本は実際に水上爆撃機を完成して、さらには実戦配備までしてしまたのだ。この瑞雲、「水上」 …
続きを読む
合宿へ行こう

 とうとう合宿初日。おもむろに本を読む!・・・ようなことはしない。まずは準備。んで、読書開始。本の内容はいずれブログの記事で書くとして、あとは読書、疲れたら温泉でカラダとココロを癒すの繰り返しだった。いくら好きといってもさすがに一日中同じ体勢で読んでいる …
続きを読む
合宿に行こう

 前回は私がどういう訳か草津に行くことにしてしまった経過を書いてみた。まあ、経過を知りたい人は前回の記事を読んでもらうとして、私は勇躍草津に出かけたのだ。草津良いとこ一度はおいで・・・。(画像は温泉に殺到する兵士達wikipediaより転載)  行きまーす!  ム …
続きを読む
合宿に行こう

 私の趣味は読書だ。このブログを閲覧してくれている人は良く知っていると思うがミリタリー関係のものには大体興味がある。昔はモデルガンを集めたりしたが、最近は本を買うことの方が多い。しかしだ、実家暮らしで自分の部屋が実質無い私としてはゆっくり本を読む場所がな …
続きを読む