2014年12月

KSC マカロフPM レビュー まとめ

 このブログの記事にトイガンが少なくなっていることにお気づきだろうか。トイガンと言わず、銃に関する記事が非常に減少しているのだ。理由は・・・。私がアツくなる銃が無くなってしまったのだ。そしてもう一つの趣味である零戦の撃墜王の記事へと移行しているのだ。この …
続きを読む
護衛艦 いずも

 27000トンってすごいよね。日本海軍で同クラスのトン数を持っている艦といえば戦艦金剛級だろうね。ただ、全長がいずもの248mに比べて218mと短い。小型なのにトン数が大きいのは装甲だろう。たぶん。このいずもは海上自衛隊の最新鋭護衛艦で分類はDDHとされている。ヘリ搭 …
続きを読む
マルシン モーゼルM712ガスブローバックまとめ

 テレビで給食特集とかやってるけど、給食ってそんなに美味しかったっけ?まあ、懐かしさもあって食べてみたいとは思うけど一回でいいや。つーか、金払ってまでは食べたくない。ただなら懐かしさもあって一回くらい食べたいね。そう、給食といえばマルシンのモーゼルM712。 …
続きを読む
ゼネラルモータース FP-45リベレーター

 今日は自殺ピストル。リベレーターだ。私はリベレーターってすぐ暴発するし、やっつけで作られた銃だから正式名称は無いと思っていたけど、FP-45という立派な名前があったのだ。45は恐らく45口径ということだろうね。この銃は45ACPを単発で発射できる簡易拳銃で有名といえ …
続きを読む
南部銃製造所 九四式拳銃

 今日紹介するのは九四式最近、日本軍の拳銃が少々気になっている。ガンショップに行ったんだよね。モデルガンだけど実際に手に取ると写真でみているのとは全然違うのだ。やっぱりいいんだよね。この九四式拳銃にしても外観は悪いでしょ?「いらねーよ」と思うかもしれない …
続きを読む
東京砲兵工廠 二十六年式拳銃

 この銃ねぇ。正直、あまり好みじゃ無かったんだよね。この前まで・・・。ところがね、私は最近、ガンショップに行ったらこれが展示されていたのだ。やっぱり実物のモデルガンを観ると全然違う訳さ。ホント違うの。特に作ったのがHWSという超こだわりメーカーな訳でして・・ …
続きを読む
コクサイ マウンテンリボルバー まとめ

 90年代前半にコクサイが発売したカートリッジ式リボルバーなのだ。コクサイいわくつきのM29、カート式リボルバーだよね。86年に例の事件があり、それを乗り越えて初のM29ガスガンの発売だった。その後、バリエーション展開をしたけど、一番最初に発売されたのがこのマウ …
続きを読む
WZ63 サブマシンガン

 その昔、『N45°』という短編集があったのだ。その中に『パオさんとの復讐 (コスモノベルス)』という小峰隆生監督の作品があった。小峰氏は有名なガンマニア。アメリカでテッド新井氏に師事して実銃の腕もかなりのものらしい。もちろん銃に対する造詣も深く『拳銃王人社』 …
続きを読む
マルゼン ワルサーP38 まとめ

 今日は前から気になっている(相当前から)ガスガン、マルゼンのワルサーP38のまとめを作ってみた。発売されたのは古く2003年7月だったようである。この銃はワルサー社から実物の図面の提供を受け製作したということで発売前からかなり話題になっていた。初めて見たのは私 …
続きを読む
日本海軍 工作艦 明石

 こういう艦艇好きなんだよね〜。工作艦明石。太平洋戦争中のアメリカ軍の第一目標が空母。第二目標は何とこの工作艦明石なのだ。当時としては最新式の工具を備え前線に出て艦艇を修理することが可能なのだ。つまりは戦力を作り出すことができるというすごい艦艇なのだ。そ …
続きを読む
VZ61 スコーピオン ガスブロ比較

 私が前々から気になっていたのはこのスコーピオンなんだよね。このデザインと小型軽量で取り回しやすいという機能性。結構、サブマシンガンの中でも最高傑作だと思うんだよね。CZ75といい、やはりチェコスロバキア製の銃はすごいね。ということで今回は、VZ61なんだけど、 …
続きを読む
装甲擲弾兵師団

 私は自他ともに認めるミリタリーオタクである。その私は常日頃からミリタリー関係の言葉・・・。ん、あれ、文章があまり良くないな。えーとね。要するに意味不明で気になる用語がいくつかあるんだ。例えば狙撃大隊とか。大隊だと300人位だろうからじゃあ、狙撃兵が300人い …
続きを読む