会社辞めました?

朝の一言は引っ越しました。
↓引っ越し先は下記になります。てへぺろ(・ω<)
日々新又日新 歴史編

2013年12月

64式7.62mm小銃

今回は自衛隊で使用されている64式7.62mm小銃について書いてみたい。64式小銃は豊和工業製で1964年に正式採用された国産小銃だ。全長99㎝、重量4.3㎏。有効射程距離400m・・・と、wikipediaに書いてあるような内容はどうでもいいとして、実際、どんなもんなのだろうか。 …
続きを読む

書評の書評!  本書は近世の百姓が所持していた鉄砲とその規制がどのように進展していったのかを近世全般を通して解説。近世史を知らない人にとっては良書だと思う。当初はほとんど規制されていなかった鉄砲が徐々に規制されていくがあくまで登録であり、江戸時代後期 …
続きを読む

  先日読了した佐藤優著『獄中記』。他の読者はどのように感じたのだろうか。ネット上の書評を見てみたい。 『獄中記 - 蒼穹の回廊 書評』  客観的な視点から『獄中記』を読み取ろうとする視点が秀逸。 『ウォルナット・クリーク通信』では  もしも自分が投獄された …
続きを読む

中国海軍空母遼寧について気になったので書いてみる。  空母遼寧は排水量67000トン、速力が19ノットから29ノット、航空機が50〜70機ほど搭載できるようだ。元はソビエト海軍の空母ヴァリアークであり、建造途中でソビエトが崩壊したため建造途中で放置されていた。中国に売 …
続きを読む

  久しぶりの書評になる。  本書は元外務省主任分析官で現在作家の佐藤優氏が東京拘置所にて拘留された512日間の日記を編集したものである。全体の内容としては拘置された当初から出所まで時系列に記述され、拘置所内の細かな仕組みや制度、拘置所内での読書、思考等が …
続きを読む

 地政学者マッキンダーとスパイクマンの理論で明治〜現在をみる。反共・親米という視点が明確。ロシア・ソ連の南下を防ぐためにアメリカと共闘するという考え。しかし何故仮想的がロシア・ソ連のみなのかという点は不明。  戦後の冷戦構造という結果から明治〜戦前の …
続きを読む