ミニマム情報戦記

最近、かなり滞り気味。でもブログは止めてないでーす。突然、嵐のように更新することもままあり。。。

今回紹介するのは、まさにマスターピース、S&WM10である。私はいまいちパッとしない拳銃という印象があるM10であるが、1920年代に登場して以来、現在に至るまで生産が続けられているということからみても人気が衰えない銃である。ミーハーな私はどうしてもマグナム銃でもない …
続きを読む

 ノマドは3タイプに分かれる。ハイパーノマド、中層ノマド、下層ノマドである。国境を超えるのはエリートのみではない。下層ノマドも仕事を求めて世界を移動する。例えば日本人のフリーターが大連で時給340円の日本語のデータ入力の仕事をしている。しかし中国は物価が年 …
続きを読む

 今回紹介する銃は、とにかくマイナーな銃で、東京マルイのエアーガンでその存在を初めて知った方も多いのではないだろうか。それか全く知らないか。まあ、ともかくこの銃は80年代終わりに登場したコルト社初の45口径ダブルアクションオートという記念すべき銃なのだ。(画像 …
続きを読む

 著者は貧しい家庭に育った。父親は借金を背負い、結局、離婚。新聞配達のアルバイトをしながら美大を目指していたようだ。そしてアルバイトをしながら借金をして買ったMACでデザイン、プログラムを勉強して技術を身に付けた。しかし美大受験は当日寝過ごしてしまったため …
続きを読む

恐らく世界最高の拳銃といえばSIGP226かこのグロック17のどちらかであろうと私は勝手に考えているのだ。ただ、私はこのプラスチック製拳銃があまり好きにはなれないのだ。何かこう鋼鉄感がないんだよね。ただの道具という感じがしてしまう。まあ、ただの道具なんだけど。冒頭 …
続きを読む

 本書は、高等遊民とはどういうものかということから始まる。高等遊民とは明治から大正初期まで高等教育を受けながら定職につかない人のことだという。著者はその高等遊民という生き方を目指そうと提言する。一般的な日本人の人生は、就職してから定年まで働き、その後自 …
続きを読む

今日紹介するのは、コルトアナコンダ44マグナムである。こtれは日本ではマルシンが製品化しているのでガンファンにとっては有名であるが、実銃はあまり成功しなかったようで今一つパッとしない銃なのである。私が好きなのは90年代のマイナーな銃なので記事にしてみた。妙に …
続きを読む

今日紹介するのは、スタームルガー社製スーパーレッドホーク。何故レッドホークかというと何となく思いついたからである。実銃は頑丈さ、価格の安さ等から大変人気のある銃であるが、ここは日本、実銃は手に入らず、使用することも出来ず。となるので頑丈さも価格の安さも関 …
続きを読む

今回紹介するのはスタームルガー社製スーパーブラックホークだ。70年代に結構流行った銃。アニメだとルパン三世で不二子が一回使ったということくらいか。現在ではもちろんマイナーな銃である。デザインは写真でも分るようにコルトSAAの影響を受けている。それはそうと問題は …
続きを読む

今回紹介するのはSIGP210だ。シングルアクション、単列マガジンと古風であり、あまり有名な銃ではないが、現在特殊部隊で使用されているSIGP226に多大な影響を与えた銃であり、そのシルエットの美しさは工業製品の芸術と言っても過言ではない。(画像はwikipediaより転載) …
続きを読む